• 矯正歯科についてのいろいろ

    矯正歯科とは、歯並びや受け口といった、歯や顎を矯正することで、見た感じを良くします。矯正歯科のほとんどは、むし歯や口の怪我などと違って、治療を目的としているわけではないので保険が適用されません。


    ですから治療を受ける前に医師と納得するまで話し合ってください。


    矯正などの処置は数年かかります。



    ワイヤーなどを使って少しずつ歯の位置や並びを治していくからです。これらの処置を受けるのは小学生が多いです。
    特に女性は見栄えをひじょうに気にしますので、早いうちから治すという考えが多いのです。

    矯正歯科医になるには、矯正の認定資格が必要です。
    数年かけて実務を経験してから認定試験に合格することです。

    それなりに技術を必要とします。

    歯科医院にかかげてある看板には、矯正だけを専門にする医師が多いです。

    一方で、むし歯の治療のために矯正科を受診しても治療を受け付けてくれません。



    そのあたりはしっかり確認しておきましょう。

    歯並びが悪いと見栄えばかりではなく、むし歯にもなりやすいのです。
    ブラッシングが歯の奥まで行き渡らないことが多いから、カスが酸性化して歯のエナメル質が溶け出してきてむし歯になってしまいます。



    むし歯を防ぐ上でも矯正して歯並びを良くした方がいいです。
    最近ではコンピュータ画像解析が飛躍的に進歩しているため、年齢とともに矯正の湯無による違いを見ることができようになりました。

    年齢が上がるにつれて自分がどのような顔つきになるのか、興味深いものがあります。