• 歯科医院での治療の相談が多い歯周病

    歯科医院で治療の相談が多い症状として、歯周病が有ります。

    この歯周病とは、歯を支える周りの組織が細菌に感染する病気です。
    歯垢の中にある歯周病菌が歯茎から奥に入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。


    歯周病が進行すると、歯茎が腫れたり出血を起こしたり、痛くて上手く噛めなくなります。

    安い部分矯正情報のお得な利用法をお教えします。

    最悪、そのままにしておくと歯が抜け落ちてしまいます。この歯周病は日本人の成人のほとんどがかかっているといわれています。初期の段階なら完治することが可能なので、すぐに歯科医院で検査を受けることが大事です。
    歯周病の歯科医院での治療方法は、基本的にプラークコントロールです。

    口の中の歯に付着している歯垢を歯科衛生士が丁寧に除去していきます。


    専用の先の尖った器具で、歯と歯茎の間の歯周ポケットをきれいに清掃していきます。

    こまめに清掃することで、徐々に症状は改善されていきます。



    また、歯周病の症状が重い場合は、歯茎に麻酔をして境目深くに入り込んだ歯石の除去を行います。


    麻酔処置のおかげで、全く痛くはないです。さらに悪い状態の場合は、メスで歯茎を切開して悪い組織を除去する歯周外科手術も必要になります。
    歯周病治療で一番大切なことは、治療後も歯周病の進行を予防するためのアフターケアをきちんと受けることです。

    魅力の高いT-SITEの人気を今すぐチェックしよう。

    歯周病というのは、再発し易い病気です。
    数ヵ月毎に定期健診でプラークコントロールを受けることで、再発を防ぐことができます。